ブログ

BLOG

オプション工事について

オプション工事について

家を建てる時に忘れがちな予算
オプション費用について。

 

全部標準仕様だと味気ない!?
大切な「設備」について考えてみました!

 

朝晩本当に寒くなってきました・・
高知インター店店長の谷村です!
今日は、家を建てる際の
「オプション工事」について考えてみました!
一般的に建築会社から「見積もり」が
出てきた時、皆さま着目するのが
「総予算」だと思います。

 

建匠で資金計画を行なっていただいた方には
あまり関係ない話にはなってしまいますが、
実は、多くの工務店が提示する
「資金計画書」には、
オプション工事の予算取りがされていない事がほとんどです。
建築会社に足を運ぶと、いきなり

 

・土地を探してくれたり
・間取りを描いてくれたり
・見積もり(資金計画書)を提示してくれたり
と、言う事をよく聞きます。

 

 

そこで、この資金計画書ですが、
実はほとんどの会社が
「オプション金額」が入っていない事がほとんどです。
間取りを作成して、あらかたの金額が出ますが、
実は建築会社は
「少しでも安く見せる事」に必死です。
ようするに、
「この家を建てるのに、最低限かかる費用」
ということですね!

 

最低限かかる費用という事は、
・キッチンのグレードアップ
・お風呂のオプション
・オプションの床材や壁紙
・作り付けの棚
・標準外の電気工事
などなど・・・
実は、標準工事以外に必要なお金は意外と
必要な場合があります。

 

契約したあとに、
「これはオプションです」
「これは追加です」
気がつけば100万円以上も金額が上がってしまっていた・・
なんてこともよくある話です。

 

家づくりは、意外と契約した後や、
間取りが確定した後に決めていかないといけないことが
多々あります。
これを「コーディネート」
と言います。

 

一般的には、その会社の
「コーディネーター」と呼ばれる、
色彩的感覚や、使い勝手、全体的なトータルバランスなど、
お家の色味に特化したプロと
お家の雰囲気を決めていきます。

 

ですが、詳しく決めていくのは、
割と図面が固まってきてからの場合が多いです。
ですが、資金計画書は、割と最初の方に提示され、
あたかも、
「この金額で全てが仕上がる」
という風に思いがちです・・・。

 

 

これが、一般的によく聞く、
「契約した後にどんどん金額が上がった」
の正体ですね。

 

まとめると
・見積もりや資金計画書にはオプション費用が含まれていないことが多い
・契約後に決める事も多数
・設備もこだわると費用がかかる
という事は、
あらかじめ希望の「設備」も伝えておく
必要がありますね!
契約後に金額がどんどん上がっていかないように、
あらかじめ予算取りをしておくことも大切です。

 

 

建匠では、「こだわりオプション」
として、あらかじめ予算取りを行なった上で資金計画を行なっておりますので、
どんどん金額が上がらないように資金計画をおこなっております。

 

家づくりは、希望を全て取り込んでいくとどんどん金額が上がってきますが、
建匠のコーディネーターはレベルの高い人しかいないので、
「限られた予算」のなかで最大限、理想を形にする
「技術」と「提案力」を兼ね備えています!

 

 

建匠に関わる全てのお客様が、

楽しく、いい家づくりができるように、
日々成長していきたいと思った店長でした(^^)

CALENDAR

2019.11

- November -

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

STAFF

谷村 幸一郎

高知営業部

谷村 幸一郎

スタッフの詳細へ

こちらのブログもおススメです

ちょこっと公開!

2019.12.16

ちょこっと公開!

谷村 幸一郎

谷村 幸一郎
保育料 無償化!!

2019.12.03

保育料 無償化!!

伊藤 たまみ

伊藤 たまみ
建築屋さんの選び方!?

2019.11.14

建築屋さんの選び方!?

谷村 幸一郎

谷村 幸一郎