ブログ

BLOG

マイホームの建て時とは!? 

マイホームの建て時とは!? 
高知で 新築・住宅・一戸建て・建売など、住まいの購入を検討されている方へ。
 
 
いろいろなメディアでいろいろな意見がありますが
 
『マイホームの建て時』について。
 
あなたの考えはどっち?
 
 
 
「近い将来、まだまだ消費税が引き上げられます」
 
「こんな低金利は、もう二度とないかもしれない」
 
「今なら新築住宅が、家賃並みで買える」
 
「今ならキャンペーンで、こんな特典が!」
 
そんなフレーズを耳にすると、
 
「新築するなら今が一番いいのかも」
 
と、気が焦ってしまいますね。
 
 
なにせ、一生のうちで、多くの方にとって最も高額な買い物になるのですから、
 
少しでも『お得な時期に住宅を建てたい』と思うのは当然です。
 
 
 
しかし、逆の考え方もあります。
 
数千万円の費用を掛けるのですから、より良い家づくりをするための計画
 
を充分に練って、準備が整うまで待ったほうが、
 
後々後悔しいないお家づくりができる!!
 
 
 
 
どちらも一理あります。
 
 
お家づくりを成功させたい方は是非、
 
いまからの人生における『居住費』を計算してみることをオススメします。
 
 
 
①今住宅を購入する場合 
→家賃は最もかからない
→金利は低い
→土地は高い
 
②15年後住宅を購入する場合
→15年分の家賃がかかる
→金利は今よりは上がりそう
→土地は安くなる
 
③住宅を購入しない場合
→家賃で平均寿命まで
 
 
想定金利・想定地価・不確定な要素はいろいろありますが、
平均寿命87歳付近まで生活するとして、
 
居住費に総額どれくらい最低でもかかるのか??
 
ということは算出できます。
 
 
そう、『居住費』はとても高額なのです。
 
 
そして、家を建てる・もしくはマンションを買う ことを決めた場合、
 
『何年暮らせる耐久性があるのか?』
『どれくらいの光熱費で快適な生活ができるのか?』
 
については、最低でもじっくり見比べて決めていただくことを
 
オススメします。
 
 
なぜかというと、
 
日本の戸建て木造住宅は 統計によると平均30年ほどで、
 
いままでは建替えられています。
 
そして、定められている耐用年数は21~23年しかありません。
 
しかし、30代でお家を建てると、最低でも50年は暮らすことを思い住宅ローンを組むことになります。
 
 
なので、
『何年暮らせる耐久性があるのか?』
『どれくらいの光熱費で快適な生活ができるのか?』
 
 
を兼ね備えていないと、いくら安く家を手に入れても、
 
もう1棟建てる もしくは大規模リフォームをしないといけないことに
 
なりかねません。。。
 
 
 
考えただけでも恐ろしいですね。
 
皆さんは是非、いい時期に、性能と耐久性の優れたお家を建てて、
 
快適な暮らしを手にいれてください。

CALENDAR

2019.08

- August -

123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

STAFF

伊藤 たまみ

高知経営戦略室

伊藤 たまみ

スタッフの詳細へ

こちらのブログもおススメです

晴天の建前!

2020.2.10

晴天の建前!

濱田 起郎

濱田 起郎
家具屋めぐり☆

2020.2.08

家具屋めぐり☆

谷村 幸一郎

谷村 幸一郎
現場が好き!!

2020.2.05

現場が好き!!

伊藤 たまみ

伊藤 たまみ